L-システインの薬理作用

L-システインの薬理作用

L-システインの薬理作用は しみ・そばかす・日焼けなどの色素沈着症の解消 全身倦怠の改善 二日酔いの解消 にきび、湿疹、じんましん、かぶれなどの治療などがあげられます。 また、湿疹、アトピーの改善、発毛などにもL-システインは効果があるとされています。 L-システインのサプリメントはエスエス製薬から販売されているハイチオールCが有名ですが、成分がハイチオールCとまったく同一のアルケシクールというサプリメントもエスエス製薬から販売されています。このサプリメントは従来のL-システインの薬理作用である肝臓に対する解毒効果(二日酔い)、全身怠感症状の改善をうたったサプリメントです。 L-システインは肝臓に作用して二日酔いの改善、美白などを行うサプリメントですが油溶性の成分と違い水溶性なので過剰にサプリメントを摂取しても余分なL-システインは尿と一緒に体外に出てしまいます。 L - システインは肝臓でエネルギーの発生を促進し全身の倦怠感を除いたり、血液中の二日酔いの原因物質の代謝・分解を早めて、二日酔いの解消にもすぐれた効果を発揮します。 皆さんもL-システインの薬理作用をきちんと理解してきれいな美白肌を手に入れてくださいね。
Sponsored Link
Sponsored Link

プロフィール

美白研究ブログ

美白と美肌つくりに励んでいるOLです。

今お気に入りの美白アイテム★

プラセンタ研究所のプラセンタ原液がすごくお気に入りです。

においはすごいくさいですが残業続きでお肌が疲れた夜なんかにお風呂でプラセンタ原液でパック→化粧水で肌を整えてプラセンタ原液をつけると肌がすごいつるつるになりますよ!

もちろん美白にもばっちり効果ありです。唯一の不満はこの方法だとちょっとお金がかかっちゃうところかな?

美白研究ブログ
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。